スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

YAMAHA HPH-MT8 レビュー 1年経過

YAMAHA HPH-MT8を使い始めて1年が経過しました。

 

良い意味で特にこれといって変わったところはありません。
本体が軋むこともなく、ケーブルがグラつくといったこともないです。
そんなわけなので、この4ヶ月書くことがなかったので更新しませんでした。

 

前記事から4ヶ月での変化といえば、自分の場合スライダーを全く伸ばしていない状態でも使用出来ることが分かったぐらいですが、スライダーの設定位置が短くなっていっていることは以前から触れていました。
他のヘッドホンもスライダーをあまり伸ばさなくなりました。

 

HPH-MT8と出会って良かったこと、書ききれないぐらい多いので少しだけ。
今まで曖昧になっていた部分がはっきり聞こえるようになったことで、他の環境(スピーカー、ヘッドホン)でも聞こえる音が増えました。
自分自身の耳でまだ鍛えきれていなかった箇所が鍛えられたのです。
つまり、お恥ずかしいことに私自身の鍛え方が甘かったと言わざるを得ません。
HPH-MT8という出力環境を手にしたことで能力が上がったといっても過言ではないと思っています。
もっと早くこの環境があれば…とも考えました。
2019年の今、この出力環境がかなり手頃な価格で新品で手に入れられること自体素晴らしいですね。
モニターヘッドホンの1stチョイス、もしくは2ndチョイスとしてHPH-MT8を選択したミュージシャンやエンジニア、サウンドクリエイターがどう育つのか楽しみです。

 

 

もしもですが、HPH-MT8がモデルチェンジする際の課題は軽量化でしょう。
350gの重さを長時間装着すると流石に首肩背中腰に負荷がかかります。
体にフィットするチェアに掛けていれば多少分散されますが、この音を維持しつつ軽量化に挑んでいただきたいですね。
しかし軽量化で損なわれる部分が出てくるのであれば、今のまま10年、いや20年は作り続けていって欲しいと願っています。


次のHPH-MT8関連記事の更新は、余程の変化がない限りはHPH-MT5を手に入れた時になると思います。

 

 

JUGEMテーマ:ヘッドホン・イヤホン

スポンサーサイト

コメント